ブランディアで寄付ができる!体験談レビュー【口コミ】

ブランディアで寄付

こんにちは。

キフスル管理人です。

今回はブランディアを通して寄付をした体験談を口コミレビューしたいと思います。

ブランディアといえば、テレビCMがよく流れているブランド買取サイトですよね。

そんなブランディアを通じて送料無料で寄付をすることができます。

送料の自己負担なしに物を寄付したいと思っている方には、きっと参考になるかと思います。

ブランディアで寄付をするにはどうすれば良いのか、体験談を交えて詳しくご説明しますね。

ブランディアチャリティプログラムとは

ブランディアで寄付をするには、ブランディアチャリティプログラムを利用します。

 

 

ブランディアチャリティプログラムとは、宅配買取サービスを利用して世界の子どもたちへの支援や、森林保護団体などの活動を支えることができるブランディアの社会貢献制度です。

ブランディアチャリティプログラムを通じて支援ができるのは、以下になります。

アファンの森財団

アファンの森は100年先の未来のために生物多様性豊かな森を広げるために活動する団体です。

「放置され荒廃した森を再生させる」「森は人の手で豊かによみがえる」をモットーに長野県信濃町を本拠地に森林整備活動をしています。

プラン・インターナショナル・ジャパン

プラン・インターナショナルは子どもが安心して暮らせるよう支援する団体です。

子どもに教育を授け、自立した生活を送ることを目的に活動し、国連に公認・登録もされている世界70カ国以上で活動する国際NGOです。

鎮守の森のプロジェクト

鎮守の森のプロジェクトは2011年の東北大震災で被災した地域を中心に、災害からいのちを守る森作りをしている団体です。

災害の多い日本で、木を植えることで自然と共生しながら災害対策していく活動をしています。

ふくのわプロジェクト

ふくのわプロジェクトは着なくなった服や使わなくなったバッグを個人の方から譲り受け販売し、障害者スポーツを経済的に支援する活動です。

ふくのわプロジェクトに直接洋服を寄付する場合は、提携先の(株)原宿シカゴに持ち込んだり、送ることができますが、送料は自己負担になります。

ブランディアでは、取り扱ブランドであれば、送料無料で送ることができるのでおすすめです。

2019年現在は、この4つの活動を支えるための寄付ができます。

寄付先については、たまに入れ替えなどがあるようです。

最新情報については、ブランディアのサイトで確認してくださいね。

>>ブランディアの公式サイトはこちら

ブランディアを利用して寄付をする流れ

ここからは、ブランディアチャリティプログラムで寄付をする実際にどのような流れになるのか、体験談と合わせて説明しますね。

ブランディアで寄付をするためは、まず宅配買取の申込みをします。

>>ブランディアの詳細はこちら

品物を送るための宅配キットのサイズを指定します。

 

 

サイズは小・中・大の3サイズです。

ちなみに、自宅にダンボール箱がある場合は、それを利用しても構いません。

次に、個人情報の入力と宅配キットのお届け日の指定をします。

 

申し込み時に必要なのは段ボール箱のサイズ、名前、配送先の住所、電話番号のみです。

もし配送時間の希望があれば指定することもできます。

今回は、最短での配送を希望しました。

宅配キットのサイズ指定 → お届け希望日指定 → 個人情報の入力 

この3つのステップで申込みは完了します。

ブランディアから宅配キットが届く

ブランディアに申し込みをした翌日に、宅配キットが届きました。

クロネコヤマトの宅急便で届くため、配送業者さんから直接受け取る必要があります。

ブランディアの宅配キット

 

宅配キットを受け取って、注文したダンボール箱が大きすぎることが発覚!

自宅にちょうどよいサイズのダンボール箱があったので、こちらを使おうと思います。

ブランディアの宅配キット

ブランディアでは自宅にダンボール箱がある場合の申し込み方法もあり、その場合は、着払い伝票のみ送付してもらうことになります。

余計な手間や送料がかからないように、自宅にあればそちらを使うことをおすすめします。

同封の書類について

ちなみに、宅配キットに同封されていた書類はこちらです。

査定申込書

査定申込書には、個人IDや名前、送る商品の点数を記載する欄などがあります。

この書類は、品物をブランディアに送るときに、一緒に入れて送るものです。

宅配買取について流れの説明書

ブランディア買取の流れ説明書

ブランディアの宅配買取の流れについての説明書きです。

宅配キットに品物を詰めて送り、査定結果が出たら公式サイトのマイページで確認し、買取成立の場合には口座への入金してもらう流れになります。

今回のように寄付をする場合には口座への入金はありません

また、古物営業法により買取するときには、身分証明書の提示が必要ということについても説明があります。

ブランディアに限らず、買取サイトでは必ず提出が必要になりますが、ブランディアチャリティプログラムで寄付をする場合にも必要です。

提出方法は

  • 宅配キットにコピーを入れる
  • 画像写真を公式サイトのマイページにアップロードする
  • 郵送する
  • FAXする

以上の方法から選べます

集荷案内の説明書

ブランディアの集荷の説明書

 

こちらの書類には、宅配キットを集荷してもらうための流れについて説明があります。

クロネコヤマトの宅急便で送るのですが、電話だけでなく、インターネットやLINEでも集荷の申込みができます。

QRコードを読み込んでも申し込みができるので、楽ちんです。

ブランディアオークションについての説明書

ブランディアで買取された品物は、ブランディアが運営するオークションサイトで販売されます。

宅配買取を利用した人には、そのブランディアオークションで使える1,000円分のクーポンがもらえます。

クロネコヤマトの着払い伝票

ブランディアの着払い伝票

ブランディアに品物を送る際には、クロネコヤマトを利用して送ります。

着払いなので、配送料はブランディア側が負担します。

宅配キットに梱包する

宅配キットにもう必要としない品物を梱包します。

ただ、ブランディアではなんでも買取対象としているわけではありません

対象となる洋服や靴については、ブランディア公式サイトをご覧になってください↓

>>ブランディアの公式サイトはこちら

今回は、こちらの洋服を送ることにしました。

セントジェームズのカーディガンです。

好きなブランドなのですが、あまり着なかったので誰かに着てもらおうかなと思ったのですが、ブランディアに寄付しようと思います。

そして、査定申込書に「送るものは何点か」「ブランディアに送る宅配キットの個数」について記載の上、同封します。

ブランディア宅配キットに梱包

あとは、身分証明書については、運転免許書のコピーを入れることにしました。

品物、査定申込書、身分証明書のコピーの3点を入れたダンボール箱に、クロネコヤマトの着払い伝票を貼ったらOKです。

ブランディア宅配キットを送る

あとは、クロネコヤマトに集荷依頼をして引き取ってもらいました。

査定結果が届くのが楽しみです。

ブランディアから査定結果が届く

ブランディアに宅配キットを送って翌日に品物がブランディアに届いたというメールが届き、その翌日には査定結果が出た報告のメールが届きました。

ブランディアでは、サイト内のマイページで査定結果を見ることができます。

さっそくマイページを開いてみると査定金額が書かれていました。

ブランディアの査定結果

今回の査定金額は、50円でした。。。。。

さて、ここからがブランディアで寄付をする時にとても肝心なポイントになります。

ブランディアはブランド買取サイトなので、査定後は買取額を受け取る方がほとんどです。

なので、査定結果のページを開くとさきほどのように査定結果が出てきます。

もし寄付をする場合には、査定結果の下にある『寄付プロジェクトに参加する』をクリックしてください。

ブランディア寄付プロジェクトに参加する

寄付プロジェクトに参加するを開くと、ブランディアチャリティプログラムの中から、寄付先と寄付金額を入力することができます。

ちなみに寄付金額は、査定金額内で1円から指定することができ、寄付金は査定金額から差し引かれます。

例えば、査定金額が1,000円だった場合に、200円を寄付し残りの800円は自分の口座に振り込んでもらうということもできます。

今回は、セントジェームズのカーディガンの査定金額50円すべてをふくのわプロジェクトに寄付することにしました。

取引選択で売るを選択し、寄付金額を50円と入力しページをすすめるとページの下部に売る金額と出てきます。

寄付金額と支援活動を選択

 

寄付するのに売る金額?という疑問も湧くと思いますが、そのまま進めてOKです。

そのまま進めると、内容の確認ページに進みます。

例えば、ふくのわプロジェクトに寄付する内容の確認ページはこのようなページです。

ブランディアに寄付しました

そのまま進めると、寄付の受付が完了します。

ブランディアに寄付しました

この画面をもってブランディアを通しての寄付は完了です。

ブランディアに寄付した品物のその後は?

ブランディアに寄付したその後、譲った品物は、必要とする方に購入され、その金額は寄付先に渡してもらえます。

管理者が寄付したセントジェームスのカーディガンについて調べてみたところ、ブランディアのオークションサイトに出品され入札まちの状態になっていました。

 

入札開始価格は5,254円(税抜)!

査定金額は50円だったのですが、その100倍の金額です

これだったら、メルカリで売れば少なくとも3,000円くらいにはなったかもしれませんね^^;

持っている洋服を高く売りたいのであれば、少々手間はかかりますが、プリマアプリなどを利用して売る方が手にする金額は高いかもしれません

とはいえ、ブランディアの場合には、宅配キットを取り寄せて、必要書類とともに送るだけなので、手間は圧倒的にすくないです。

手軽に寄付したい方などには、ブランディアはとてもオススメですよ。

まとめ

ブランディアを利用して寄付をした体験談を口コミレビューしました。

もう着ない服、使わないバッグなどで寄付ができるブランディア。

お部屋のお片付けをしながら、社会貢献できるので、今多くの方の注目を集めています。

ぜひブランディアで寄付をしたいとお考えの方はご利用してみてくださいね。

Brandear(ブランディア)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です