千葉市がAmazon活用でサンタ大作戦! 児童養護施設に寄付集まる

クリスマスは、あらゆる子ども達がプレゼントを心待ちにしていますよね。

そんなクリスマスシーズンに、千葉市が「サンタクロース大作戦」という寄付活動を呼びかけました。

「サンタクロース大作戦」は、事情があってプレゼントをもらえない子ども達に、プレゼントを贈るというものです。

ここでは、多くの注目を集めた「サンタクロース大作戦」についてお話していきます。

千葉市がAmazon活用でサンタクロース大作戦!

千葉市が行ったサンタクロース大作戦は、2019年12月14日に千葉市が発信した寄付の呼びかけです。

注目を浴びた点は、通販サイトAmazonの「欲しい物リスト」を活用したという点。

千葉市長である熊谷俊人氏もSNSに載せています。

内容は児童施設の子ども達にプレゼントを贈るための寄付活動です。

また、家族と同居していても、親の育児放棄などで、幸せなクリスマスを過ごせない子ども達もいますよね。

児童施設にいる子ども達だけでなく、このような事情がある子ども達も、寄付の対象となりました。

Amazonの「欲しい物リスト」を利用した理由は?

恵まれない子ども達にクリスマスプレゼントを送りたいと思っている方は、大勢いると思います。

ですが、何を送っていいのか分からない、喜んでもらえるプレゼントを知らない

そのような理由のために躊躇してしまう方も一定数いるかと思います。

そこで、児童施設などに依頼し、Amazonの「欲しい物リスト」に、子ども達が必要としている物を入れておいてもらいました

そして、その「欲しい物リスト」を、一般に公開してもらうことにしたのです。

こうすることで、子ども達が何を必要としているのかが、一目でわかるようになりました

千葉市は、この「今時のシステム」を有効活用して、子ども達を喜ばせようとしたのですね。

児童養護施設への寄付は3日で集まる

千葉市のサンタクロース大作戦は、良い結果を出すのが、思った以上に早かったのも注目されました。

驚くことに、千葉市内の児童養護施設への寄付は、わずか3日で集まってしまったのです。

千葉市によると、Amazonを使った寄付活動は、実は今年2019年に初めて行われたのだそうです。

それにも関わらず、多くの人が寄付に賛同・参加し、必要なプレゼントが全て集まってしまったのですね。

寄付先の施設なども、驚きと感謝でいっぱいのようで、感動の言葉をインターネットなどに載せ始めたそうです。

そして、この大成功を受けて、千葉市は、サンタクロース大作戦の継続を前向きに考え始めました

熊谷俊人氏はSNSで今回のサンタクロース大作戦についてお礼と今後についてメッセージされています。

児童施設は、必要物資の確保に追われ、娯楽の物がどうしても不足しがちになります。

でも、このサンタクロース大作戦の成功が、新しい扉を開くきっかけになるかもしれませんね。

千葉市のサンタ大作戦に注目が集まった理由

さて、千葉市のサンタクロース大作戦は、なぜここまで大きく注目されたのかが気になりますよね。

ここでは、そのことについて考えられる、いくつかの理由を見ていきたいと思います。

まず外せない理由の1つは、Amazonという、現代生活に合ったツールを使ったからというものです。

一般的に寄付というと、募金だったり口座に入金をするものと考えている方が多くいるかと思います。

募金箱にお金を入れる、口座の手続きがめんどくさい。

そんなふうに考えて寄付をためらってしまう方もいたかと思います。

ですが、Amazonのような多くの方になじみのあるツールで、ボタン1つでできるのであれば、寄付しても良いかなと感じ行動に移された方も多かったのではと感じます。

現代生活には欠かせないAmazonを使うというニュースで、多くの人の目に付きやすくなったこと、これも注目理由の1つです。

従来の寄付活動は、アナログなやり方だったり、WEB上から申し込みができる程度のもの一般的でした。

そのため、せっかく寄付活動をしても、多くの人に知られにくいのが現状でした。

ところが、日本には、Amazonを日常的に使っている人が相当数いますよね。

そのAmazonを利用しての寄付活動ということが注目を浴びたことの理由の1つです。

もう1つの理由は、「必要とされている物を確実に寄付できた」という点ではないでしょうか。

物品を寄付する場合、従来は、「寄付者が贈りたい物を一方的に贈る」という形でした。

この点に関しては、疑問を感じる人が多く、物品の寄付に賛同者が集まらない原因の1つにもなっていたようです。

でも、「相手が必要としている物を確実にプレゼントできる」というのは魅力的ですよね。

寄付者も、寄付される側も喜ぶ理想的な寄付の形であることも、注目を集める理由の1つとなりました。

千葉市のサンタクロース大作戦についてSNSでの評判は?

千葉市のサンタクロース大作戦についてSNSでの評判をピックアップしてみました。

Twitter上では、多くの方が千葉市のサンタクロース大作戦について触れていました。

中でも多かった意見が、自分も寄付したかったけれど見たときには既にすべての品物が寄付された後だったという内容。

多くの方がAmazonの欲しい物リストを見て、寄付しようとしたことが伺えました。

来年は、多くのサンタの気持ちが届けられるように改善されていると良いですね。

まとめ

千葉市のサンタクロース大作戦は、Amazonの欲しい物リストを有効活用した、画期的な寄付活動です。

そのお陰で、子ども達が本当に必要としている物を、確実に寄付するという結果につながりました。

更に、寄付が3日で全て集まったという点も、話題になりました。

現代向けのツールを活用したことで、短期間での大成功が収められた寄付活動といえるでしょう。

千葉市はこの成功を受け、これからも同じような寄付活動を継続したいという考えでいます。

そして、千葉市だけでなく、他の自治体でも同じような活動があるかもしれません。

児童養護施設に多くのサンタが贈り物を届けてくれる。

来年のクリスマスは、そんなクリスマスになることを心から祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です