NPO法人フローレンスとは。洋服や古本を寄付できる?

 

 

先進国である日本ですが、子供を育てる環境としてはあまり豊かとは言えません。

一人親などの原因により子どもの7人に1人が貧困という現状。

ストレスを抱えた親からの虐待の事件も後を絶ちません。

子どもは国の未来を担う大切な存在です。

そんな子どもにまつわる社会問題全般を改善すべく活動している団体の1つにNPO法人フローレンスがあります。

NPO法人フローレンスとは

フローレンスは「安心して子育てをできる環境を作りたい」という目標を掲げ、様々な社会問題を解決すべく活動をしています。

現代社会では待機児童問題、子供への虐待、母子家庭、孤独な子育てなど子育てに対する問題がたくさんあります。

親は仕事でがんじがらめにされ、余裕がありません。

フローレンスは親の負担を和らげる新たな制度を作る取り組みを行っています。

具体的な例を出しますと子どもが熱を出しても預かってくれる「病児保育」や障害を持つ子供の親も働けるよう「障害児を預かってくれる保育所の建設」など。

変わっていく社会や働き方の中で苦しんでいる人を救うためにはアイディアとお金が必要です。

寄付金は病児保育や障害児保育のスタッフの教育、地域と子供の交流イベントなどに使用されます。

子どもがいない人には関係のない話ではありません。

子育て世代を支援することは、自分たちの働き方の改革にもつながるのです。

フローレンスに寄付をする方法は?

フローレンスに寄付をする方法はいくつかあります。

現金を寄付する方法は「毎月の寄付」「都度の寄付」から選べます。

引用:フローレンス公式サイト

毎月の寄付は「マンスリーサポータ」といい、3,000円、5,000円、10,000円、15,000円から選ぶことができます。

引用:フローレンス公式サイト

都度の寄付は1,000円から行うことができます

引用:フローレンス公式サイト

どちらの寄付も、銀行振込、クレジットカードやAmazonPayを利用して行うことができます。

また、ソフトバンクのユーザーであれば、キャリア決済やTポイントで寄付をすることも可能です。

フローレンスに寄付出来るものは?洋服や古本も寄付できる?

フローレンスに寄付できるものはお金だけではありません。

洋服や古本などで支援をすることもできます。

洋服を寄付する

フローレンスはFASHION CHARITY PROJECT(通称FCP)という取組に参加しています。

引用:FASHION CHARITY PROJECT公式サイト

寄付できるものは洋服、靴、バッグ、ネクタイなど。

また、FCPのサイトでフローレンスが出品している商品を購入するとその売上も活動資金となります

寄付する側のメリット
  • 断捨離ができる
  • 寄付での社会貢献
  • 寄付した商品が売れると売り上げの最大50%が寄付控除されるので節税ができる
購入する側のメリット
  • 欲しいものが安く手に入る
  • 買い物しただけで社会貢献ができる

まだ使えるものを捨てるのはとてももったいない行為です。

FCPを利用すればエコですし、断捨離や買い物で簡単に支援ができるとても素晴らしい取り組みだと思います。

申し込み方法

洋服はこちらのページから寄付ができます。

引用:FASHION CHARITY PROJECT公式サイト

自身の情報をし、次に寄付する商品を梱包し、FCPに着払いで送るだけなのでとても簡単です。

状態の良くないものや商品タグのないものなどは寄付ができませんのでご注意ください。

古本や書き損じハガキを寄付する

フローレンスが参加している「チャリボン」という取り組みがあります。

提携している買取会社「バリューブック」に古本を送る事で、査定された売上がフローレンスの活動資金になるというものです。

寄付できるものは古本、書き損じハガキ、DVD、ゲームなどがあります。

申し込み方法

チャリボンのホームページを開き、支援先を開きます。


引用:チャリボン公式サイト

支援できる団体の一覧が出てきますので、その中から「フローレンス」を選択します。


引用:チャリボン公式サイト

寄付するボタンを押して個人情報の入力を行います。

宅配便が集荷にきますので、紙袋などに入れて梱包しておきましょう。

5冊以上から送料が無料になります。

送った本などがいくらの寄付金になったかは、到着してから10日以内にメールやお手紙でお知らせしてもらえます。

この活動に参加することで一人親家庭の子どもの支援をすることができます。

フローレンスの寄付で支援できる人たちとは?ひとり親や国内の子供達に寄付できる?

 

子供に一番に影響を与えるのは親です。

フローレンスは子どもへの支援はもちろん、親が安心して子育てをできるような環境を作る為の活動をしています。

フローレンスに寄付することで支援できる人をご紹介します。

ひとり親家庭

増え続ける母子家庭ですが、その多くが貧困状態に置かれています。

収入が増えにくいこともですが、子供が病気になった際に仕事を休みにくいと言った環境もひとり親家庭を苦しめています。

フローレンスは安価な病児保育サポート活動を行うことによって、安心して仕事に行ける、母親が休む時間をつくってあげるといった取り組みをしています。

 

医療的ケア児とその親

医療的ケア児を持つ親の多くが子どもとつきっきりの生活を送っています。

社会的な関わりを求めるも働き口がほとんどありません。

フローレンスは医療的ケアが必要な子どもや障害児を長時間預かる保育園を運営しています。

働くことを希望している人がのびのびと働ける。

これはストレスの軽減になり、虐待防止にもつながるのではないかと思います。

寄付したお金は保育園のスタッフの研修や育成に使用されます。

孤独な子育て支援

知り合いもいない、話し相手もいない、頼れる人もいない。

現代の母親の多くが孤独という悩みを抱えています。

フローレンスは寄付を通じて母親が集まるコミュニティやイベントを開催し、親子が生き生きと過ごせる環境づくりをしています。

養子縁組

育てられない環境や、望まない妊娠。

追い詰められた親が我が子に虐待をしてしまう…。

その悲しい連鎖を断ち切る為にフローレンスは養子縁組の活動も行っています。

寄付は生みの親のケアや育ての親の研修費、面談などの出張費に使用されます。

フローレンスの評判は?実際に寄付した人の口コミはどう?

 

 

フローレンスは、子どもの保育を中心に、子育てがより良い環境でできることを目的としたNPO法人です。

実際に寄付をした方の口コミをピックアップしてみました!

子どもが育つ環境を整えることに賛同している方の投稿がいくつかありました。

一方で、寄付金集めに対して疑問を持っているという声もちらほら・・・。

ネット広告を使っての寄付金集めの方法や、養子縁組について縁組先の親からお金を受け取っていることについて批判の声がありました。

フローレンスには、良いという声と疑問点があるという声のどちらも見られます

まとめ

NPO法人フローレンスについて簡単にまとめると以下になります。

  • 待機児童問題、子どもへの虐待、母子家庭、孤独な子育てなど子育てに対する問題を解決すべく活動している団体
  • 子どもが病気になっても仕事を休めないひとり親家庭のための「病児保育サポート」
  • 障害児を持つ親も働ける社会を作る「障害児保育」
  • 望まない妊娠から虐待に発展しないようサポート

寄付方法としては

  • 主な寄付の受付は現金(クレジットカード、ゆうちょでの送金)
  • フェイスブックにいいね!やTポイントなどでも寄付が行えます。
  • 古本、DVD、書き損じハガキ、ゲームなどで寄付ができる「チャリボン」の活動にも参加をしています。(5冊以上で送料無料)

少子化が進む原因の一つに「子育てに対する不安」というものがあります。

フローレンスの取り組みによって不安が解消され、子育てをしやすい環境になれば少子化問題も一歩前進がみられるかもしれません

子どもやその周りを取り巻く環境を支援することは国をよりよいものにすることに繋がるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です