外貨を寄付※余った外国コインを寄付する方法を紹介!

海外旅行後、外国コインが中途半端に余ってしまうことがありますよね。

もちろん、そのまま記念として保存してもOKですが、実は、外国コインは寄付することもできます。

外国コインは、寄付する方法も簡単なので、寄付して、世の中の役に立ててみませんか?

ここでは、外国コインを寄付する方法や、寄付までの手順についてお話していきます。

日本ユニセフ協会に寄付する

余った外国コインの寄付先として、最もメジャーなものは、日本ユニセフ協会です。


日本ユニセフ協会に外国コインを寄付する場合、複数のやり方があります。

空港の募金箱に入れる

1番一般的な寄付方法は、国内の主要な空港にある、ユニセフの募金箱に入れる方法です。

ユニセフの募金箱がある空港は、羽田空港・成田空港・千歳空港・仙台空港・関西空港・福岡空港・広島空港・名古屋空港です。

これらの空港の税関検査場に、ユニセフの募金箱が置かれているので、そこにコインを入れるだけでOKです。

ちなみに、税関検査場とは、機内に預けていた荷物を受け取る場所で、ターンテーブルがある所です。

海外から帰国して、もう必要のない外国コインがお財布に残っている。

そんなシチュエーションのときに、外国コインの募金箱が目に入ったらおもわず寄付したくなる場所ですね。

街中の店にある募金箱に入れる

次に挙げられる寄付方法は、三井住友銀行日本航空JTB毎日新聞社にあるユニセフの募金箱に入れる方法です。

これらの会社内にも、空港と同様の募金箱があるので、その中に寄付するのもOKですよ。

但し、支店や支局によっては、募金箱が設置されていないこともあるので、事前に確認が必要です。

ユニセフ協会に郵送する

次に挙げられる寄付方法は、送料は自己負担ですが、郵送か宅配便で寄付するという方法です。

日本ユニセフ協会の「外国コイン募金係」という宛名を記載して、コインを送ってください。

郵送先は以下になります。

〒108-8607 東京都港区高輪4-6-12 ユニセフハウス
(公財)日本ユニセフ協会 外国コイン募金係

内容物を記載する必要があり、「メタル」と必ず明記してくださいね。

飛行機内の寄付用封筒を利用

そして、日本航空の飛行機内でも、ユニセフ外国コインの寄付を受付しています。

機内に寄付用の封筒があるので、そこに入れて、客室乗務員さんに渡しましょう。

ちなみに、ユニセフに外国コインを寄付した場合、領収書は発行されません。

つまり、税制上の優遇措置(寄付金控除)は受けることができないことを念頭に置いておいてください。

ポケットチェンジを利用して寄付する

外国コインをユニセフに寄付したい場合、ポケットチェンジという機械を使って寄付することも可能ですよ。

ポケットチェンジとは、余った外貨を電子マネーなどに変えることができるシステム機器です。

ポケットチェンジは、国内の主要空港や、ゲームセンターディスカウントストアなどに設置されています。

思った以上に設置場所がたくさんあるので、公式HPで設置場所をチェックしておいてください。

ポケットチェンジを使った寄付をするためには、まず、初期画面の下にあるスタートボタンを押します。

次に、「交換先一覧」を押し、左にある国の一覧から「日本」を選択します。

そして、ユニセフに寄付したい場合は、下にある「ユニセフ」のボタンを押してください。

その後で寄付したいコインを入れ、確認画面が出てくるのを待ちます。

最後に、換算金額が出てきますので、これを確認したら、下にある「確定」のボタンを押して寄付が完了です。

ちなみに、汚れや歪みがひどく、機械で読み取れなかったコインは、希望すれば返却も可能です。

ポケットチェンジの注意点

さて、ポケットチェンジで外国コインを寄付するにあたっては、注意点があります。

まず、交換レートは一定ではないので、細心の為替レートをこまめにチェックする必要があります。

又、ものによっては、コインの寄付を受け付けてもらえない場合もあるので、気をつけてください。

主要な外国コインの交換・寄付について可能、不可能の分類は以下になります。

コインの交換・寄付OK

日本円・中国元・アメリカドル・ユーロ・韓国ウォン

コインの交換・寄付NG

台湾ドル・香港ドル・シンガポールドル・タイバーツ・ベトナムドン

 

※これらの通貨は、お札のみなら交換できますが、コインを交換・寄付することができません。

注意点はあるものの、機械の操作も簡単ですし、スピーディーにコインを寄付することができます。

個人情報を入力する必要もないので、セキュリティ面も安心なシステムですよ。

外国コインの寄付を受付している団体は?

ユニセフ以外にも、外国コインの寄付を受付している団体があるのでご紹介しますね。

シャプラニール

国際協力NPOのシャプラニールでも外貨の寄付を受付しています。

寄付された物品は、バングラデシュやネパールで働く子どもや女性の支援、フェアトレード活動のための支援に使われます。

郵送料は自己負担になります。

ケアインターナショナルジャパン

引用元:ケアインターナショナルジャパン 公式サイト

ケアインターナショナルジャパンは子どもと女性の支援を中心に行う国際協力NGOです。

外貨を始め、はがき・切手・商品券などを送ると、換金され、途上国での自立支援に還元されます。

郵送料は自己負担になります。

CLOUDY

ファッションブランドCLOUDYは、売上の一部をアフリカの子どもたちの教育や雇用支援に寄付しています。

それ以外にも、外貨や書き損じはがき、金券などの寄付も受付しています。

郵送料は自己負担になります。

まとめ

余ってしまった外国コインは、日本ユニセフ協会に寄付すると、世界のために役立てることができます

ユニセフに寄付する場合、空港にある募金箱に入れるという方法が一般的です。

他にも、空港以外の場所の募金箱や郵送・宅配便、飛行機内での寄付に加え、ポケットチェンジを使った方法もあります。

特に、操作が簡単でセキュリティ面も安心なポケットチェンジを使うのは、とてもオススメですよ。

もし、もう必要のない外貨があれば、ぜひ寄付をご検討ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です