漫画を寄付する方法! 無料でマンガを寄付する方法まとめ

読まなくなった漫画をそのまま捨てるのはもったいない…そんな時はどこかに寄付しませんか?

今は、漫画(単行本・コミック)の寄付を受け付けている団体も増えているので、寄付がしやすくなっているようです。

でも、こちらでお金を払って寄付するのは、正直、少し抵抗がありますよね。

そこで、無料でマンガを寄付するために知っておきたい情報をまとめました。

漫画の寄付について

もう読まない漫画は、捨ててしまう前に、寄付することを1度検討してみてください。

「寄付するよりも売った方が良いのでは」と考える人もいるかもしれませんね。

でも、重い思いをして古本屋さんに持ち込んでも、高い金額で買い取ってもらえることはあまりありません

中には、「ほとんどタダ同然」という金額で買い取られてしまうこともありますよね。

実は最近は、体力的・金銭的な負担なしで、漫画を寄付する方法が増えてきました。

持ち込む手間もなく、全て無料でいらない漫画を引き取ってもらえたら助かりますよね。

そこで次の項では、無料で漫画を寄付する方法を、更に詳しく紹介していきます。

無料で漫画を寄付する方法

無料で漫画を寄付するには、漫画の寄付を受付している団体に贈るのが1番です。

昔は、「本の寄付」と言えば、「最寄りの図書館に寄付する」という形が一般的でした。

でも最近は、漫画の普及に合わせて、古い漫画の寄付を受け付ける団体が増えたのです。

漫画を寄付するには、寄付を受け付けている団体に電話かメールで連絡を入れます。

そして、寄付先に持ち込み漫画を引き取ってもらいます。

又、送料無料の宅配便を使って、漫画を寄付することもできますよ。

この場合も、事前に申し込みフォームなどから、寄付の申し込みを行います。

そして、宅配便業者の方に荷物を引き取りに来てもらうという形になります。

このように寄付された漫画は、団体を通して、必要な場所に販売されます。

そして、そこから出た収益金は、団体が提携している寄付先に寄付されます。

この寄付金は、海外に送られる場合もあれば、日本の被災地に送られることもあります。

更に、障がいを持った方の支援や、自然保護のために寄付金が使われる場合もあります。

いずれにしても、寄付した漫画から出た収益金は、世の中のために有効活用されるのですね。

漫画の寄付を受付している団体一覧

では次に、漫画の寄付を無料で受付している団体を紹介したいと思います。

ブックオフ

ブックオフでは、ボランディア宅本便という漫画の寄付を募っています。

引用元:ブックオフONLINE公式サイト

ボランディア宅本便に送った漫画は買取され、その収益がNPO法人などの団体に寄付されます。

寄付先の団体は30以上あり、ボランディア宅本便に申し込みをする際に、どの団体にするかを選びます。

30以上の団体や支援プログラムと提携していて、ブックオフに買取を申し込む際に、その代金をどの提携先団体に寄付するか選べるシステムになっています。

漫画だけではなく、一般書・ゲーム・DVD・CD・スマホ・カメラ・おもちゃ・ホビー品も対象になっているため、もう必要のないゲームなどがあれば、一緒に送ってみてはいかがでしょうか。

申込みは、漫画を含めた本30点以上、ゲーム・DVD・CDなら合わせて5点以上から申し込みをすることができます。

こどものみらい古本募金

漫画を寄付するなら、『こどものみらい古本募金』も安心して選ぶことができる寄付先です。

『こどものみらい古本募金』は政府が支援する「子供の未来応援基金」の1つです。

漫画、CD、DVD、ゲームソフトを3箱まで送料無料で送ることができます。

『こどものみらい古本募金』で集められた寄付は「子供の未来応援基金」を通して、貧困世帯の子どもたちを支援する団体に届けられます。

『こどものみらい古本募金』は内閣府がバックアップをしているので、寄付先として安心して選ぶことができます。

ネットオフ

漫画の寄付をしたいけどお小遣いも欲しいという方におすすめなのが、ネットオフの「スマイル・エコ・プログラム」経由での寄付です。

スマイル・エコ・プログラムでは、漫画やCD・DVDを宅配買取してもらい、そのお金を寄付することができます。

寄付先は、申込み時に「日本赤十字」「日本ユネスコ」「障がい者の支援団体」「途上国の支援団体」「森林の保護団体」「女性の自立支援団体」の6つから選ぶことができます。

スマイル・エコ・プログラムの特徴として、買取額の一部を寄付し、残りは銀行口座に入金してもらうことができること。

寄付もできるし、ちょっとしたお小遣いももらえるし、2重に気持ちが良いですね。

スマイル・エコ・プログラムに参加する場合は、ネットオフ公式サイトから申し込みをします。

引用元:ネットオフ公式サイト

こちらから宅配買取の申込みをすると、ページの下の方に『気軽にエコ募金!』の欄があります。

(最初は一般の買取申込みページですが、申込みを進めると募金の選択欄があります)

寄付先は、申込み時に「障がい者の支援」「途上国の支援」「森林の保護」「東日本大震災復興支援・日本赤十字社」「日本ユネスコ識字教育」「女性の健康と自立支援」の6つのコースから選ぶことができます。

ご希望の寄付先があれば選択して申し込みしてくださいね。

ネットオフ公式サイトはこちら>>

チャリボン

チャリボンは、漫画を始め、幅広いジャンルの古本の寄付を無料で受付している大手の団体です。

宅配便での受付となり、送料は無料ですが、5点未満だと送料は自己負担となります。

チャリボンに寄付された漫画は、買取され、その金額が「ホームレスの自立支援活動」を行っている団体に寄付されます。

漫画は買取価値のあるコミックであれば受付していますが、漫画雑誌、コンビニコミックなどは対象外になっていますので、ご注意ください。

また、漫画以外でも、ISBNコード(規格品番)の付いた本・CD・DVD・ゲームであれば、受付していますので、一緒に送ってみてはいかがでしょうか。

シャプラニール

次に紹介したい団体は、主に海外への寄付を行っているシャプラニールです。

シャプラニールも、宅配便での受付ですが、送料が無料になるのは、箱1箱からになります。

漫画はもちろん、ゲームソフトやCD・DVDなども寄付することができますよ。

寄付をした物から出た収益金は、開発途上国の支援や教育に使われます。

国際支援に興味がある人は、シャプラニールへの寄付を検討するのもいいですね。

まとめ

社会貢献活動に興味があるなら、いらない漫画を寄付するのもオススメですよ。

今は、単行本やコミックなどの漫画を無料で寄付できる団体が多いので、漫画を人のために役立てるのもいいですね。

漫画を寄付する際は、「ここに寄付したい」と思う寄付先を選ぶことができます。

あなたが寄付したいと思う寄付先に寄付ができるので、チャリティに参加した実感がより得られると思います。

団体ごとに寄付先が違うので、あなたが支援したい寄付先を最初に決めておくと良いでしょう。

又、ある程度まとまった冊数でないと、送料無料にならないことが多いので、気をつけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です