ピンクリボン運動とは? 寄付先として信用できる団体はどこ?

ピンクリボン運動は、1980年代にアメリカで始まった乳がんの啓蒙運動です。

この運動は、乳がんをきちんと知り、女性の健康を守るために行われ、今では世界規模の運動になっています。

ここでは、そんなピンクリボン運動について、詳しくお話していきたいと思います。

また、日本でのピンクリボン運動や、信頼できる寄付団体についても触れていきます。

ピンクリボン運動とは?


ピンクリボン運動は、「乳がんで亡くなる女性を少しでも減らしたい」という目的で始まりました。

ピンクリボン運動が始まったのは1980年代ですが、この時代は乳がんでの死亡者が急増中だったそうです。

この現実を受け、アメリカでピンクリボン運動が始まりました。

そして、1990年代に入ると、ピンクリボン運動は、アメリカ国内で更に大きくなっていきました。

特に、マンモグラフィー検査の重要性を強く訴えるようになったのです。

それにより、アメリカでは10月第3週の金曜日を「ナショナル・マンモグラフィーデー」に制定したほどです。

しっかりと定期検診を受け、乳がんを未然に防ぐことの大切さを、より強く訴えているのですね。

このピンクリボン運動の拡大化により、多くの女性たちが乳がんの正しい知識を身に付けました。

そして、乳がんの定期検診の重要性を実感した人も、大分増えたと言われています。

日本ではどんなピンクリボン運動がある?

アメリカで始まったピンクリボン運動ですが、日本でもピンクリボン運動が展開されています。

そこで、日本で行われているピンクリボン運動を、いくつか紹介したいと思います。

ピンクリボンフェスティバル

 

この投稿をInstagramで見る

 

#ももいろフェスティバル #ピンクな日々 #ピンクリボンフェスティバル2017 #ももクロ夏のバカ騒ぎ #ヤジスタ

ピンクリボンフェスティバル 公式アカウントさん(@pinkribbonfestival_official)がシェアした投稿 –

ピンクリボンフェスティバルは、ピンクリボン運動の中でも、1番規模が大きいものです。

セミナーやシンポジウムが開かれ、専門家の話を聞きながら、乳がんへの知識を深めるイベントが開かれます。

また、このフェスティバルの一環として、「ピンクリボンデザイン大賞」も開催されます。

この催しでは、ピンクリボンのロゴマークを使ったデザインを、一般募集します。

大賞に選ばれると、その作品が、その年のピンクリボンフェスティバルのポスターになります。

更に、ポススターデザインだけでなく、ピンクリボン運動のキャッチコピーも募集しています。

乳がん検診や早期発見大切さを、シンプルに訴えられるキャッチコピーを募集します。

ピンクリボン温泉ネットワーク

温泉は基本的に、服を脱いで入りますが、乳がんの手術後にそれをするのは、抵抗がありますよね。

ピンクリボン温泉ネットワークは、「専用の入浴着を着たまま入浴OK」というプロジェクトです。

このプロジェクトに参加している温泉施設では、専用の入浴着のまま、温泉を楽しめます

乳がんの手術後の傷跡を気にせず、のびのびと温泉を楽しむことができますね。

ピンクリボン啓発グッズの販売

ピンクリボン運動では、ロゴマークを使ったグッズを生産・販売しています。

このグッズを買うと、その売上金がピンクリボン運動に寄付されるという仕組みです。

グッズは、油とり紙・エコバッグ・クリアファイルのような実用的なものが多数です。

又、女性が喜ぶ、キラキラしたかわいいデザインのチャームやストラップもありますよ。

更に、乳がん触診のミニモデルや、乳がん手術後の専用入浴着なども販売されます。

他にも、全国で様々なピンクリボン運動や乳がん撲滅運動が行われています。

プロスポーツで啓蒙活動

プロスポーツでもよくピンクリボンの啓発運動がおこなれています。

野球ファンは割合として男性が多いと思いますので、乳がんという単語を聞く機会がない男性でも乳がんについて知識を深めてもらえるチャンスになりますね。

 

 

 

コンビニは商品で支援

 

ナチュラルローソンではピンクリボン運動支援する商品としてソランデカブラス(ミネラルウォーター)の期間限定のピンクボトルが販売されたことがあります。

 

ソランデカブラスはスペインのペテタ(クエンカ)にある源泉の口当たりがやわらかい水です。

インスタ映えしそうなボトルは、まさに若い女性にも乳がんの正しい知識を広め、乳がん検診の早期受診を促すため

10代のうちから知識を持っているかいないかで乳がんを始め、病気への羅漢率は変わります。

若い人にもピンクリボン運動についてしってもらうには良い取り組みですね。

日本中のタワーで啓蒙活動

 

日本中にあるタワーでも、ピンク色のライトアップでピンクリボン活動が行われています。

 

下着メーカーによるイベント

下着メーカーによるイベントもよく開催されています。

大きな話題になったのが株式会社シーオーメディカルによる山田孝之さんのバスト計測会です。

 

 

俳優の山田孝之さんがひたすら女性のバストを図っていくイベントなのですが、当日の収益は全てピンクリボン活動に寄付されました。

山田孝之さんに胸のサイズを図ってもらえるなんて・・・女性のほとんどが飛び上がってしまいそうですよね。

ファンなら鼻血が出てしまうかもしれません・・・。

反響も大きく、様々なメディアやSNSでも話題になっていました。

このように、日本でもピンクリボン運動は色々な団体や企業で行われています。

ピンクリボン運動の寄付先として信頼できる団体は?

ピンクリボン運動に寄付をするのであれば、NPO法人J.POSH 日本乳がんピンクリボン運動 が信頼できる団体としておすすめです。

ここは、日本のピンクリボン運動のまとめ役のような大手団体です。

そして、ここには「ピンクリボン基金」があるので、そこで寄付を受け付けています。

 

引用元:認定NPO法人J.POSH 公式サイト

寄付をする場合は、専用フォームか電話・FAXで事前申し込みをした後に振り込む形になります。

寄付金の内訳に関しては、残念ながら、一般の人には公開されてはいないようです。

でも、厳しい審査を通過して法人化した団体ですから、団体としての信頼性は高いと言えるでしょう。

又、お金を寄付する以外には、グッズを買って売り上げに貢献するという寄付もできますよ。

まとめ


1980年代にアメリカで始まったピンクリボン運動は、日本でも広がっています。

日本では、シンポジウムなどのイベントを開催したり、グッズを販売したりする活動がメインです。

又、日本乳がんピンクリボン運動では、一般からの寄付も募集しています。

更に、ピンクリボン運動のグッズを買うことも、活動のサポートに繋がりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です